互換性のないビデオデ会議バイスにより、顧客、パートナー等との重要なビジネスミーティングの開催がむつかいしといった経験はありませんか?

近年ではビデオ会議は一般的なビジネスソリューションになっています。

しかしながら、さまざまなビデオ会議端末の利用がスムーズなコミュニケーションをむつかしくする場合があります。異なるプロトコルによって、それぞれのビデオ端末の互換性がないことが理由になります。

課題の解決と新しい体験

相互運用性によるビデオ会議利用率の向上

イントロダクション

ユニバーサルコネクタークラウドブリッジ

ユニバーサルコネクタークラウドブリッジは、さまざまな通信プラットフォームをシームレスに統合します。 それは、クラウド内で”通訳”のような機能を用いてさまざまな通信を相互に会話できるようにします。

  • H.323端末からSIP、Google Meet、Microsoft Teams、さらにはSkype forBusinessに電話をかけることが可能です。
  • SIP端末からH.323へ、Google Meet、Microsoft Teams、およびSFBへの通話をサポートします。
  • Webブラウザを使用して、SIPまたはH.323の端末の発信が可能です。

高い相互運用性により、ビデオ会議端末のの利用率を高めます。 ビデオ端末の互換性を提供することで、パートナー、顧客、また同じ企業内の従業員同士のコミュニケーション、コラボレーションを促進します。

主要な利点

teams-icon

既存のH.323またはSIPビデオ会議端末からMicrosoftTeams、Google Meet、Skype for Businessへの発信を可能にすることで投資の保護を実現

electronic-device-icon

さまざまな通信プラットフォームをシームレスに統合

desktop-icon

顧客がWebブラウザからビデオインフラへの接続を可能にするセキュアで簡単な利用方法の提供