既存のコミュニケーションツールの音質がビジネスや従業員の効率に悪影響を与えていませんか?

企業が十分なコミュニケーションシステムをすでに確立されているケースでは、次のステップを検討する必要があります。システムの音声品質を改善することで、AIによるカスタマーエクスペリエンス(CX)やカスタマーサービスの向上を可能にします。

音声通話の音質はカスタマーエクスペリエンス(CX)に影響をあたえることがあります。リモートワークの普及によって、ビジネスコミュニケーションにおけるさまざまな場所のバックグラウンドノイズの排除は重要な課題のひとつとなっています。

一方、AIを採用することでビジネス成果を高めるためには、バックグラウンドノイズを排除して音声データを分析する必要があります。貴重なデータをより有効に活用してください。

課題の解決と新しい体験

バックグラウンドノイズのない通話と高度な音声品質

イントロダクション

Deltapath ノイズキャンセレーションゲートウェイ

ノイズキャンセレーションゲートウェイは、人の声以外のすべての音を識別しフィルタリングをかけてクリアな音声通話を実現します。通話中は、受発信の双方側のバックグラウンドノイズがフィルタリングされるため、つねにクリアな音声で会話が可能になります。ノイズキャンセレーションゲートウェイを利用することで、さまざまな場所からのコミュニケーションやコラボレーションをより生産性のたかいものにします。

ノイズキャンセレーションゲートウェイは、大量の音声データのキャプチャと分析を必要とする人工知能(AI)作業に付加価値をもたらします。 バックグラウンドノイズを排除することで音声データをより効率的に収集し、貴重な情報を取得します。

主要な利点

noise-icon

既存のシステム上で利用可能な設計

ivr-icon

AIで自動音声応答(IVR)システムの強化

fast-time-icon

10分程度の設定時間

artificial-intelligence-icon

利用者の音声およびAIインフラに影響はありません

chip-icon

AIによる音声アシスタントの強化