Deltapath® ノイズキャンセレーションゲートウェイ

聞く、そして聞こえる

従来、多くの企業では、オフィス内にある会議室で実施される音声やビデオ会議での音声品質の向上に努めてきました。しかし、オフィス外からの会議参加やコミュニケーションの頻度が増える中で、外からの音声品質の向上にも注力されるようになってきています。

また企業はユーザーインテリジェンスを利用して、よりスマートなマーケティングおよびビジネス戦略を立案、遂行しています。 しかしながら、ユーザーや市場から収集されたデータの精度は収集時に発生したバックグラウンドノイズによって左右されることも少なくありません。

Deltapathノイズキャンセレーションゲートウェイは、企業がビジネスをより効率的にすすめる上での、精度の高いカスタマーインテリジェンスの収集や、カスタマートレンド分析のサポートに貢献します。

バックグラウンドノイズ消去による
カスタマーエクスペリエンスの向上

カスタマーエクスペリエンスは、会社の収益を支える大きな原動力であり、カスタマーサービスだけに限定されるものではありません。 実際、カスタマーエクスペリエンスをビジネスのすべてのエリアで統合して理解することで、ビジネスの中の一部だけで否定的な体験をしたユーザーがはなれてしまうことを防ぐことができます。 ユーザーの声が聞こえなかったり、通話中に通話先の社員の声が聞こえなかったりすることでカスタマーエクスペリエンスが低下することもあります。

高品質な音声体験

バックグラウンドノイズは通話元、通話先両方で発生するためゲートウェイは両サイドのノイズをフィルタリングします。

ユーザーのバックグラウンドノイズがどんなに大きくても

従業員は容易に聞き取りが可能です

オフィスの環境が騒がしくても

従業員の声を聞き取ることが可能です

質の高いコミュニケーションと
コラボレーションの継続

電車の駅、空港、または建設現場の前から電話をかけ、Deltapathノイズキャンセレーションゲートウェイがもたらす違いを体験してください。 通話元、通話先の両側でのノイズがフィルター処理されることで非常にクリアな音声を実現します。様々な業界で、従業員がどこにいても、また通話環境が騒がしくても、通話の質を落とすことなくビジネスを継続することができます。

カスタマーインテリジェンスの力を利用

コールデータから導き出された貴重なカスタマー分析は、次世代の製品計画やビジネス戦略の立案に有効です。 ただし、それらデータの精度はデータ収集時に発生するバックグラウンドノイズの大小によって左右されることを知る必要があります。 Deltapathノイズキャンセレーションゲートウェイは、これらのノイズをフィルタリングし排除することが可能です。

音声インフラはそのまま利用可能