0 6161

Frost & Sullivan: デルタパスがAPAC企業モバイルコラボレーションアプリケーションベンダー Frost IQマトリックスでとりあげられました

2014年5月22日

出典: Frost & Sullivan

Frost & Sullivan:Frost & Sullivan: Frost産業指標 (以下Frost IQ)のAPACエンタープライズ モバイルアプリケーションベンダー部門において、デルタパスがUC&C(ユニファイドコミュニケーション&コラボレーション)ベンダーのトップ11として取り上げられました。この評価はFrost & Sullivan IQ マトリックスによる評価を基にしています。 

多くのベンダーはエンタープライズモビリティの高まる需要に対して、スタンドアロンのアプリケーションもしくはクライアントとの統合ソリューションへの注力を高めています。

2014年5月22日、シンガポール – アジアパシフィック内(以下APAC)でのモバイルやリモートワークの広がりは、各企業に包括的なモバイルコラボレーションサービスの導入を加速させています。スマートフォンやタブレット利用の浸透により、モバイルワークが生産性の向上に貢献し全体のビジネスも伸びています。このようなトレンドを背景に今後3年間でAPAC内において企業向けモバイルコラボレーションアプリケーション市場は急速に拡大すると見込まれています。

市場では、Eメール、予定表、連絡先、IM/在籍確認等の基本的なモバイルコラボレーションサービスがまだ一般的ですが、今後はクラウドベースのモバイル音声やカンファレンス等を含む、より高度なクラウドベースの企業向けモバイルコラボレーションサービス市場が拡大していくと予測されています。

このような市場の機会をとらえるためには、UCベンダーは提供できるソリューションのメニューを強化する必要があります。Frost & Sullivanは、APAC地域のトップ11のモバUC&Cベンダーを同社のFrost IQという指標を使い評価しており、それは以下の4分類に分けることが出来ます。チャンピオン、チャレンジャー、ディフェンサー、エクスプローラーズ。

Frost & Sullivanの指標 - Frost IQとは各ベンダーが参入しているビジネスセグメントや地域において各社のメリットやチャレンジを正確に把握・理解して評価するツールです。同ツールの目的とするところは、企業の意思決定者に対して複雑なビジネス環境において業界内で起きている局部的な動向を提供することです。

Frost IQ 2014, APAC企業モバイルコラボレーションアプリケーション分析においてマイクロソフトとIBMの両社はマーケットシェアと成長戦略において“チャンピオン”と位置付けられています。総合的には、この両社でこのセグメントの85%の売上げを占めているとFrost & Sullivanのリサーチャーは分析しています。

将来的な成長という点では、Frost IQはCISCO, ShoreTEL, Alcatel-Lucnetといった企業の市場でのパフォーマンスを評価しており、これら企業の市場における提供可能なテクノロジーや採用している市場戦略がこの評価の裏付けになっています。現時点では、この3社の市場でのシェアは大きく変わることはないと予測されますが、彼らは自社の強みをうまく将来的の市場のニーズに取り込んでいます。

マイクロソフトとIBMのトップ2社が市場を独占していますが、一方では新たな企業がAPAC内では参入し続けています。Huawei、Unify、そしてデルタパスがその代表的な企業としてFrost & Sullivanは名前をあげています。

Shuishan Lu, APAC Frost & SullivanのICT プラクティスの業界リサーチャーはこのUC&C市場を前向きに予測しています。Lu氏は下記のように述べています。「APACの多くの企業におけるモバイルコラボレーションは、同地域内でのスマートディバイス利用の加速やネットワーク環境の進化のたまものです。また企業はUCアプリケーションを利用することで市場での競争力を高め、従業員の生産性を向上させ、そして職場環境をより効果的なものに変えてきています。」

Frost & Sullivanの新しい分析では、モバイルアプリケーションのユーザーは2013年の4.7億人が2018年には7.4億人に増加し、年間平均成長率(CAGR)7.4%になると予測しています。“この市場セグメントの予測は確実に実現される。企業のUCインフラへの投資とリアルアイムコラボレーションのニーズは、今後数年間のこの市場の継続的な成長を約束するものです。もちろん、市場の成長のためにはコストの増大、市場競争の激化、データや情報のセキュリティ対策などの多くの課題もあります”ともLu氏は述べています。

Frost IQ , APAC企業モバイルコラボレーションアプリケーションベンダー 2014は、Eメール、音声メッセージ、カンファレンス、企業のソーシャルネットワークをモバイルコラボレーションアプリケーションとして含みます。2013年をベースの数値としており、指標を決定する要因にはマーケットシェア、製品・サービスを含むFIQマトリックスを使用しています。

Frost & Sullivanについて:以下原文のまま

Frost & Sullivan, the Growth Partnership Company, works in collaboration with clients to leverage visionary innovation that addresses the global challenges and related growth opportunities that will make or break today’s market participants. For more than 50 years, we have been developing growth strategies for the global 1000, emerging businesses, the public sector and the investment community. Is your organization prepared for the next profound wave of industry convergence, disruptive technologies, increasing competitive intensity, Mega Trends, breakthrough best practices, changing customer dynamics and emerging economies?


Previous Post
Next Post